【メンズ用おすすめ化粧水15選】市販で肌に優しい化粧水を紹介。

どうも、おいもです。

 

男性用の化粧水ってインターネットで検索すると、どれも高価なものが多くヒットします。しかし通販限定の物が多く、胡散臭さが気になります。

 

そこで今回は男子学生・社会人にお勧めする「市販で買える男性用化粧水」15種類紹介します。

 

ドラックストアでよくみられる化粧水を厳選して、なるべく安くて良い商品を選別しました。

※価格表記は販売店ごとに異なるのであくまで参考程度です。

市販で買える男性も使える化粧水15選。

SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス

フェイシャルトリートメントエッセンス

価格 内容量
9,350円 75mL
こんな人にお勧め
年齢肌が気になる方。

SK-Ⅱの化粧水は、何といってもブランド力と信頼感がある商品です。

 

使ってみた印象としては、お肌への潤いやツヤ、ハリは最高級の化粧水だと感じました。購入者様も40~50代が多く、気になる年齢肌にも適しています。

 

しかし、化粧水の中でもかなりの高額商品なのでリピートがしづらいところがあります。

 

まずはトライアルキットで、スキンケアを試すのがお勧めです!

⇒⇒⇒SK-Ⅱの化粧水レビュー

イプサ(ザ・タイムR アクア)

価格 内容量
4,400円 200mL
こんな人にお勧め
ニキビ肌や長時間の潤いに期待ができる。

イプサの化粧水は、モデルやユーチューバーや声優さんなど幅広く使われています。

 

女性用と思われがちですが、男性でも使用することができます!

⇒⇒⇒イプサの化粧水レビュー

この化粧水の良いところは、浸透性が良く潤いが長時間キープできるところです。1度つけたら約丸一日潤っています!

 

欠点としては、価格が高いのでコスパが非常に悪いところです。

アスタリフトメン

アスタリフトメン

価格 内容量
3,850円 120mL
こんな人にお勧め
しっとりとして香りが良い。

アスタリフトメンは、あの富士フィルムが開発した化粧水です。

 

アスタリフトメンは香りが非常によく、しっとりとして保湿力がとてもあります。

⇒⇒⇒アスタリフトメンのレビュー

価格は高いですが、定期購入をすれば多少コストを抑えることが可能です。欠点としては、アマゾンや楽天市場では販売されていないことです。

ポイント

アスタリフトメン公式通販サイトで購入可能です。

通常のアスタリフトシリーズは男性も使え、大手通販サイトでの販売を行っています!

haku アクティブメラノリリーサー

hakuの美白化粧水

価格 内容量
4,950円 120mL
こんな人にお勧め
シミやそばかす等のメラニン生成を防ぐ。

hakuの化粧水は、保湿・浸透・美白効果に期待のできる美白化粧水です。

 

無香料で、しっとりとしていますがべたつきはほとんどありません。

⇒⇒⇒hakuの化粧水レビュー

かなり高価格ではありますが、詰め替え用も販売されているため安く使うことも可能です。

 

ニキビへの効果は薄いですが、日焼け対策やシミが気になる男性にお勧めしたい化粧水です!

資生堂 HAKU 美白化粧水 アクティブメラノリリーサー 本体 120mL (医薬部外品)

ファミュ(オードカメリア)

オードカメリア

価格 内容量
4,200円 190mL
こんな人にお勧め
ローズの香りで潤いキープ

ファミュの化粧水は、みずっぽくさわやかな仕上がりに導きます。お肌への浸透もよく、ノンアルコールなとこもいいです。

 

韓国コスメで人気のファミュの特徴は、ローズ油からでるバラの良い香りがします。

 

女性向けな化粧水ではありますが、男性も使える化粧水で知名度がある中では、比較的コスパな部類な化粧水になっています。

⇒⇒⇒ファミュの化粧水レビュー

NIVEA(ニベアメン オイルコントロールローション)

ニベアメンの化粧水

価格 内容量
約800円 100mL
こんな人にお勧め
テカリやベタつきが気になる人

オイルコントロールローションは、長時間肌がさらさらになり肌のテカリを抑えてくれます。

 

肌が脂っこい方に勧めたい化粧水です。またお肌の乾燥を防ぎ髭剃り後にも使うことができる優れものです。

 

なにより、あのNIVEAさんの化粧水ということもあり安心感、品質の高さは期待できます。

 

内容量が少ないのが欠点でもありますが、使いやすく利点が多い化粧水となっています。

 

初めて化粧水を使う男性にもおすすめできる化粧水なのは間違いありません。

ハトムギ化粧水(スキンコンディショナー)

ハトムギ化粧水

価格 内容量
約650円 500mL
こんな人にお勧め
さっぱりし惜しみなく化粧水を使いたい方

ハトムギ化粧水はとても人気のある化粧水で、値段も安価で量が多いのが非常に魅力的です。

 

さっぱりとした質感で、肌に浸透しやすく誰でも手軽に使える化粧水となっています。また、注目してほしいのがハトムギエキスを使用しているところです。

ハトムギエキスは皮膚に塗布すると、保湿作用、美白作用があることが知られており、基礎化粧品に配合されることもある。

引用:wikipedia

ハトムギエキスを使用することにより、美白効果や保湿効果を得ることができます。女性向な化粧水ではありますが、乾燥肌の男性にも十分効果を発揮してくれます。

 

何より500mLと量が多く、化粧水をたっぷりお肌に使えるのが魅力的です。コスパでさっぱりしており、誰にでもお勧めできる化粧水です。

メンズビオレ(濃厚ジェルタイプ)

メンズビオレ

価格 内容量
約500円 180mL
こんな人にお勧め
お肌がカサカサの方

メンズビオレの濃厚ジェルタイプは、お肌のカサつきが気になる方に潤いをもたらすことができます。

 

また、高浸透でお肌から水分を逃げにくくする効果も得ることができます。一度つければ、お肌の潤いが長時間維持できるのが魅力的です。

 

内容量が少ないのが欠点ではありますが、得られる効果が多く角層への浸透性は大きな利点でもあります。

角層とは・・・皮膚の最外層に位置し、表皮角化細胞が角化した扁平な角層細胞が重なった層。

引用:コトバンク

ベタつき、乾燥肌、テカリなど多くの肌予防を高い効果で得られる化粧水です。

UNO(スキンセラムウォーター)

UNOの化粧水

価格 内容量
約800円 200mL
こんな人にお勧め
テカリ、カサつき、ニキビ予防

UNO スキンセラムウォーターは、資生堂で初めて作られた(国内化粧品内)男性用の化粧水です。

 

こちらの化粧水はさっぱりしており、角層へ素早く浸透する化粧水です。浸透しやすく、馴染みやすいことでお肌に滑らかさを与えてくれます。

 

また、ニキビ予防の効果もあり1つで沢山の効果を得ることができます(すべての人にニキビができなくなるわけではない。)

 

お肌にうるおい、なめらかを求める方にお勧めしたい化粧水です。

ギャツビー(パーフェクトスキンプロテクター)

ギャツビーの化粧水

価格 内容量
約900円 150mL
こんな人にお勧め
肌荒れ、ベタつき、日差しが気になる方

ギャツビーのパーフェクトスキンプロテクターは、1年を通してこれ1本で賄えてしまう化粧水です。

 

ほかの化粧水と同じく、肌荒れやカサつきに効果があり、髭剃り後にも使うことができます。また、ニキビ予防にも適しています。

 

そしてさらに魅力的なのが、日差し対策ができるところです。<SPF30 PA++>と日焼け対策にもなります。

 

使用後も日焼け止めのようなベタつきもなく、さっぱりと使うことができるので男性にぴったりの化粧水です。

 

「化粧水を選ぶのがめんどくさい」という方には、このパーフェクトスキンプロテクター1つで全ての効果を得ることができます。

肌ラボ(極潤ヒアルロン酸)

極潤

価格 内容量
約750円 170mL
こんな人にお勧め
肌の潤いを求めている方

肌ラボの極潤は、3種類のヒアルロン酸を含み肌の潤いに特化した化粧水となっています。

ヒアルロン酸・・・保水性が高く水分保持により粘性を持つ。

引用:wikipedia

肌の潤いのほかにも、吸い付くようなもちもちとした肌に仕上げてくれます。またお肌に浸透しやすく、弱酸性なためお肌が弱い方でも安心して使うことができます。

 

この化粧水は顔以外の体や髪の毛にも使うことができ、男女年齢問わず幅広い世代に人気のある化粧水です。

 

「極潤」と商品名にもあるように、お肌のうるおいに最も特化した化粧水と言っても過言ではございません。

アンファー(Dスキン メン ファイブエナジーローション)

アンファーの化粧水

価格 内容量
約2000円 150mL
こんな人にお勧め
保湿、ハリ、アフターシェーブ、引き締めを求めている方

アンファーのDスキン メンファイブエナジーローションは、男性用化粧水で皮脂によるベタつき、テカりを抑えることができます。

 

注目したいのが、こちらの化粧水ではアロエベラが使われています。

アロエベラ・・・鎮静効果、保湿効果、治癒効果について一定の有用性がある。

宮古島で採れた保湿力を秘めたアロエベラを使用することにより、他にはない保湿効果が得られます。

 

実際にお肌に付けてみると、しっとりとつやつやした肌になり、馴染みやすいのがとてもよく人気があります。

 

欠点はお値段が高く、リピートしづらいところです。また、もったいないという理由で1回の使用量が少なくなりがちです。

 

高級感があり、お肌がつやつや・潤いを感じられますがお値段の高さがネックです。

他の塩社(男の化粧水)

男の化粧水

価格 内容量
約600円 400mL
こんな人にお勧め
顔以外にも全身に使える、臭いが気になる方

男の化粧水は、価格が安く内容量が多い化粧水です。男性女性問わず使用することができ、お肌をさっぱりさせてくれます。

 

この化粧水のもっとも魅力的なのが、ニオイのふき取りができるところです。汗臭さや体臭を和らげる効果をもっています。

 

また、顔以外にも全身に使えるので肌をさっぱりさせつつ、気になる臭いを消す効果にも期待ができます。

 

内容量も多いことから、気にせずバシャバシャ使えるのはまさに「男」と言える化粧水になっています。

バルクオム(THE TONER)

バルクオム

価格 内容量
約3000円 150mL
こんな人にお勧め
お肌のハリ、保湿力、浸透性を重視している方

バルクオムの化粧水は、保湿力にこだわりがありお肌の角質層の隅々まで浸透していき、ハリを得ることができます。

 

保湿力のあるバルクオムにはトレハロースという、水分保持力に長けている成分を使用しています。

トレハロース・・・食品などにも多く使われている成分で、とても高い保水機能を有する「生命(いのち)の糖」と呼ばれる天然由来成分。

引用:バルクオム公式

高い保湿力かつ、低刺激の化粧水なので、肌が弱い方にも気にせず使うことができる化粧水です。

 

しかし、バルクオムは約3000円と非常に高価な化粧水です。安易に手が出せず、初めて購入するには抵抗があります。

 

ですが、バルクオムが提供する「肌活コース」というものがあり、500円でお試しができます。

 

まずは約3000円ではなく、1コインでお試しサンプルを体験するのが、合うか合わないかがわかるのでお勧めです。

HMENZ(スキンローション)

HMENZの化粧水

価格 内容量
約2100円 150mL
こんな人にお勧め
お肌のくすみ、シミ対策、美白を求める方

HMENZの化粧水は、テカリを抑えサラサラの肌を得ることができます。皮膚に潤いとすこやかに保つ化粧水です。

 

またHMENZの魅力的なところは、クマやたるみ、シミ対策にも効果的なところです。

 

美白作用のある濃厚のプラセンタがしみやそばかすを防いでくれます。

プラセンタ・・・胎盤から抽出した成分。

引用:wikipedia

プラセンタはシワの減少や毛穴や発赤の改善効果があると言われております。そのプラセンタを多く使用しているのが、HMENZの化粧水です。

 

お値段が約2100円とやや高いのがネックではあります。美白を意識している方には、HMENZの化粧水がおすすめです。

化粧水を使う上で大切なこと。

継続して長く使っていけるかが重要。

どんなに高価な化粧水でも、継続できなければ意味がありません。まずは使ってみて、1ヶ月、半年と長い目で使用していくのが重要です。

 

値段が高ければいい効果が得られるかもしれませんが、続かないとなんにも意味がありません。

 

また1、2回使っただけで「ツヤ」、「ハリ」、「美白」にはなりません。これらも長く使用してやっと効果が見られます(個人差はあります。)

 

まずは身の丈に合った化粧水を手に取り、長く使っていけそうな化粧水を選ぶことが先決です。

1回で使う量はなるべく多くする。

化粧水の使い方

ちふれのオールインワンジェルの使い方

1回の化粧水を使用する量は、サイトごとで違います。100円玉くらいの大きさ、500円玉くらいの大きさなどまちまちです。

 

1回の使用量に関しては、特に決まりはないということです。ただし、少なすぎても多すぎてもあまりよくないことが考えられます。

 

少ないよりも多い方が、肌に浸透しやすくお肌全体的に触れるため効果が得られます。

 

500円玉くらいの大きさか、少し多め位がベストだと考えられます。

 

このことから、なるべく内容量の多い化粧水だと安く済み、なにも考えずに化粧水を沢山使うことができます。

化粧水にも好みが分かれる。

化粧水一つとっても、得られる効果や質感が異なります。また、人によっては合う、合わないがあります。

 

肌が弱い人もいれば強い人がいるので、一概にも「この化粧水が絶対にいい」とは言い切れません。

 

値段は関係なく、なるべく多くの化粧水を使用し、自分に合った化粧水を選ぶ必要があります。

 

高い、安いではなく、まずは手に取り1週間は最低でも使ってみる。そこで合わなかったら違う化粧水を購入してみる。

 

【雑誌の宣伝や、芸能人が使っている=全て良い商品】ではありません。自分に合った化粧水を使ってほしいです。

まとめ。

今回紹介した化粧水は、なるべく安く市販で買えるものを紹介しました。中には高価なものがありますが、どれも人気があり知名度のある化粧水です。

 

また、学生さんとなると値段が重要になります。継続して長く使っていける化粧水にしましょう。

 

化粧水は男女ともに種類が多くあります。少しでも、参考になれば光栄です。

コメントを残す